そこでディレクターが知恵を振り絞り、いつも汗まみれになって超コンパクト野球中継を作り上げたのだった(雁の巣中継は内野席1台で計3台のカメラだった)